【厳選】おすすめ仮想通貨|今後注目すべきアルトコインと暗号資産購入価値の判断方法も徹底解説

こんにちは、DXCEL WAVEの運営者(@dxcelwave)です!

こんな方におすすめ
  • 仮想通貨の種類が多すぎてどれを買うべきかわからない。
  • 今後価値上昇が予測される仮想通貨と無価値な通貨を見分ける方法が知りたい。
目次

仮想通貨(暗号資産)とは

仮想通貨(暗号資産)は、インターネットを通じてやりとりする金融資産です。デジタル通貨とも呼ばれます。

日本円やUSドル等の法定通貨のように、国家による法的効力を持たないため、銀行等の第三者が介在することなく、インターネット上でやり取りできるのが特徴です。

仮想通貨の種類|ビットコイン・アルトコイン

仮想通貨の種類は、代表的なビットコインとビットコイン以外のアルトコインに区別できます。

つまり、ビットコインとは仮想通貨の種類の1つを指します。さらに、仮想通貨がビットコインおよびアルトコインとして区別されるのは、仮想通貨市場の中でビットコインの影響力が大半を占めるためです。

本記事ではビットコインおよび厳選したおすすめアルトコインをご紹介すると同時に、今後価値上昇が見込めるアルトコインの見分け方についても徹底解説します。

ビットコインの特徴

時価総額

ビットコインの時価総額は2022年6月時点でおよそ7000億ドルであり、仮想通貨市場の中で最も高い時価総額を記録しています。また、ビットコインの市場シェアは約60%近くを占めています。

ブロックチェーンを活用した取引・セキュリティ管理

ビットコインの取引では、ブロックチェーンという仕組みが活用されます。ブロックチェーンとは、「暗号技術によって、過去の取引履歴を時系列に1本の鎖のようにつなげることで、正確な取引履歴を保持しようと試みる技術」を指します。

ブロックチェーンを活用したビットコイン取引管理によって、取引データの盗難・改ざんが極めて起こりにくい高セキュリティな状況を作り上げることができます。

アルトコインの種類

アルトコインは現時点で約7,000種類程も存在しており、その中には将来的に大きな価値上昇が見込める有望通貨も多数含まれています。

一方で、アルトコインの中には、詐欺コイン(通貨としての実体がない仮想通貨)も含まれていることに注意が必要です。

アルトコインの購入を検討される場合、詐欺コインに注意し、有望なアルトコインを事前に見分ける必要があります。価値上昇が予測されるアルトコインを長期的に保有できれば、将来的に大きな収益獲得が見込めると言えます。

参考までに代表的なアルトコインについて、過去の価格変化と上昇率を紹介します。

スクロールできます
通貨名2018年1月時点2022年6月時点上昇率
イーサリアム87,123円237,290円172倍
アクシー・インフィニティ42円2723円6383倍
ディセントラランド11円129円1072倍

【仮想通貨】アルトコインを購入検討する際の確認ポイント

アルトコインを購入検討している場合、そのコインの価値上昇が今後見込めるかどうかは、シンプルに以下2点をチェックしましょう。

  • 安全性・信頼性が担保されているか
  • 将来性が期待されているか

安全性・信頼性

仮想通貨を選択する上での確認事項の1つ目は「安全性・信頼性」です。

仮想通貨は金融資産であるため、値段の変動に関わらず一定の価値を持ちます。しかし、安全性・信頼性の低いアルトコインを購入してしまうと、将来的に無価値な通貨になってしまう恐れがあります。

韓国のTerraform Labs社が開発したテラコイン(LUNA)を例にすると、テラコインの価格は全盛期と比較して97%も暴落しました。2022年時点で1テラコインは0.016円であり、ほぼ無価値になっていることがわかります。

安全な仮想通貨を見分ける方法

普通の仮想通貨と安全性・信頼性に欠ける仮想通貨を見分ける方法は非常にシンプルであり、一番簡単な方法は「国内大手の暗号資産取引所でその仮想通貨が購入できるか確認すること」です。

日本の大手暗号資産取引所は、金融庁にも登録されているため、信頼できる暗号資産交換業者であると言えます。その暗号資産取引所が日本での取引を許可した仮想通貨は、厳重な審査を通過したものであると判断できるのです。そのため、国内大手の暗号資産取引所にて購入できる仮想通貨は、安全性が担保された非常に信頼できる通貨である可能性が高いです。

将来性

2つ目は、「仮想通貨の将来性にどのような期待が込められているか確認すること」です。

では、どのように確認すると良いでしょうか?

結論は「仮想通貨の開発元と開発目的に着目する」です!

まず、対象のアルトコインがどのような企業・団体から開発されたものなのか確認し、その企業・団体が信頼できるかどうかを判断するのです。

次に、仮想通貨の開発目的を確認します。仮想通貨は種類ごとに作られた経緯が異なります。例えば、次のような開発目的で仮想通貨が作られることが多いです。

スクロールできます
開発目的概要
決済手段の多様化・リアルやインターネット上での決済手段を多様化するため。
素早い送金処理・送金スピードの速い仮想通貨を作成し取引を活性化を促進。
・例えば、仮想通貨リップルの場合送金スピード「3.3秒」を誇る。
スマートコントラクト・スマート・コントラクトとはブロックチェーン上での「取引や契約」を自動処理するシステムを指す。
・スマート・コントラクト実装により、あらゆる契約・取引の透明性が担保できる。
・スマートコントラクト利用により、取引時の事務作業の削減・効率化が期待される。
プラットフォーム・決済サービスやゲーム等のようなプラットフォーム内で通貨を発行・利用できるようにするため。

上記のような開発目的が確認できれば、将来的に対象のアルトコインが「市場で現状どのように評価されており」その結果、「どのような金融機関・企業と提携し」「どんなビジョンを持ってサービス実装が進められいるのか」に至るまで理解できるようになります。

このように開発目的から将来的な市場動向を追うことで、対象のアルトコインの価値も予測できるようになります。まずは、仮想通貨名でGoogle検索し、ざっくり調べるみるところから始めましょう!

【暗号資産厳選】アルトコイン含むおすすめ仮想通貨5選!

それでは、近年注目度の高い厳選したおすすめ仮想通貨を紹介していきます。

ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)はシェア60%近くを誇り、時価総額1位である仮想通貨の代表的通貨です。

最近は、現金を扱う感覚でビットコインお買い物や個人間の送金ができるようになりました。今後ますます需要が高くなることが予想されます。

暗号資産の投資初学者の方や、暗号資産の長期運用で着実に利益を出していきたい方は、まずビットコイン取引から始めてみると良いでしょう!

ビットコイン取引におすすめな暗号資産(仮想通貨)取引所

bitFlyer
Coincheck

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)は、ビットコインに次ぎ、時価総額が2位の仮想通貨です。より正確にお伝えすると、イーサリアムとはブロックチェーン技術を利用したプラットフォームであり、そのプラットフォーム内で利用される通貨がイーサ(ETH)と呼ばれています。

イーサリアムは2013年にリリースされたプラットフォームであり、スマートコントラクト機能を搭載していることが最大の特徴であることから、今後DeFiNFT(非代替性トークン)分野で必要不可欠な通貨として認知されています。

イーサリアムは以下の暗号資産取引所にて購入が可能です。

リップル(XRP)

リップルは、素早い送金処理が可能であり、2022年中旬時点で時価総額5位を誇る人気高い仮想通貨です。リップラーという熱狂的なファンが多いことでも有名です。

リップルは「国際間・個人企業間の送金処理を素早く実行する」ことを目的に開発されました。

世界中の金融機関と提携したり、多様なITテクノロジー企業から投資を受けながら、あらゆる決済・送金サービスでの実用化が進められています。

リップルの送金速度はおよそ3.3秒と言われるほど速く、ビットコインは理論上約10分、現金であれば数分〜数時間かかることから、リップルがいかに速いかがわかりますね。

リップルは以下の取引所で購入が可能です。

エンジンコイン(ENJ)

エンジンコインとは、2009年にシンガポールのEnjin社がリリースしたNFTプラットフォーム(Enjin Platform)内で用いられている仮想通貨です。

エンジンコインは、前述のイーサリアム同様にNFT関連銘柄として位置付けられています。2021年の仮想通貨市場にて流行したNFTブームをきっかけに、価格が飛躍的に上昇したことで広く認知されました。

エンジンコインは、次の取引所にて購入が可能です。

ライトコイン(LTC)

ライトコインは、 かつてGoogleエンジニアであったチャーリー氏によって発案された仮想通貨であり、2011年にビットコインをベースに開発されたことが特徴的です。

ライトコインは、しばしビットコインと比較されます。その中でもよく比較されるのが「処理速度の速さ」です。ブロックチェーン技術を利用している仮想通貨は、処理実行中に通貨の取引履歴を管理するための「ブロック」を生成します。このブロック生成の時間がビットコインとライトコインでは異なり、ビットコインの場合、約10分に1ブロックが生成されるのに対し、ライトコインは約2.5分おきに1ブロック生成されます。したがって、ライトコインはビットコインと比較して約4倍のスピードで処理を実行できるのです。

2021年には大手オンライン決済サービス企業のPaypal社がライトコインを活用した決済サービスを開始しました。近年ではライトコインを活用した決済機能を導入する企業が増えていたり、ライトコインとクレジット機能が連携した新たな決済サービスの実用化が進められていたりなど、今後とも普及が見込める仮想通貨であると言えます。

ライトコインは次のような国内取引所で購入が可能です。

アルトコインが豊富|厳選したおすすめ暗号資産(仮想通貨)取引所3選

アルトコインに興味が出てきたら、実際に仮想通貨取引所で好みの銘柄を取引してみましょう。今回は、前述で紹介したアルトコイン以外にも複数の通貨を取り扱っているおすすめの国内取引所を3つご紹介します。

アルトコイン取引におすすめな取引所
  • bitFlyer
  • Coincheck
  • フォビジャパン

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer公式ページ引用

bitFlyer(ビットフライヤー)は、2014年創業の国内大手の暗号資産(仮想通貨)取引所です。Bitcoin 日本語情報サイトの調べによると、ビットコインの取引量は2016-2021年にかけて6年連続で国内No1(※国内暗号資産交換業者における2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む))を保持しています。

bitFlyerのセキュリティは高く、過去にハッキング経験がないのはもちろん、金融庁に登録もされている信頼できる暗号資産交換業者です。

コインチェック(Coincheck)

コインチェック公式ページ引用

コインチェックも国内最大手の暗号資産(仮想通貨)取引所であり、取引所と言えば筆頭で名前が挙がりますね。コインチェックの取引画面は非常に使い勝手が良く、2022年2月時点で3年連続仮想通貨アプリダウンロード数No1を記録しています。

フォビジャパン(Huobi Japan)

Huobi Japan公式ページ引用

Huobi Japanはグローバルレベルで高い評判を誇る暗号資産(仮想通貨)取引所です。世界170ヵ国以上、数千万人のユーザーにサービスを提供していることからもサービスの信頼性が高いことが伺えますね。

【仮想通貨・ビットコイン】自動取引実践法・その他優良情報

最後までご覧いただきありがとうございました。当サイトでは仮想通貨・ビットコインにおける多様な自動取引手法の解説記事を多数取り扱っております。

取引所別:APIの取得手順と使い方の解説記事

スクロールできます
対応言語記事名
Python【GMOコイン】 APIで仮想通貨取引の自動化
Python【Huobi Japan】 APIで仮想通貨取引の自動化
Python【bitbank】 APIで仮想通貨取引の自動化
Python【Coincheck】APIで仮想通貨取引の自動化
Python【bitFlyer】APIで仮想通貨取引を自動化
Python【BITPOINT】APIで仮想通貨取引の自動化

機械学習やテクニカル分析を採用した仮想通貨取引の解説記事

スクロールできます
対応言語記事名指標
共通自動売買の種類・自作時のポイント全て
Pythonリアルタイムチャート分析基礎トレンド
Python移動平均線トレンド
Pythonゴールデンクロス・デッドクロストレンド
Pythonアービトラージ(裁定取引)時間・値幅
Pythonボリンジャーバンドオシレータ
PythonMACDオシレータ
PythonRSIオシレータ
Python時系列予測モデルの構築機械学習・AI
【トレンド】:値動きが上昇・下降どちらのトレンドなのか判断に有効
【オシレータ】:現在の相場に対する買われすぎ・売られすぎの判断に有効

その他仮想通貨自動トレード解説記事

スクロールできます
対応言語記事名
Python【データ収集】仮想通貨の過去データを大量取得する方法
Python【初心者向け】ccxtを活用した仮想通貨の自動取引
Node.js【初心者向け】ccxtを活用した仮想通貨の自動取引

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

本記事をシェア!
目次