【仮想通貨】自動売買ツールの自作方法とおすすめ暗号資産取引所|無料で実践できるビットコイン自動取引の仕組みも徹底解説

こんにちは、Kosei(@kay_diacc2)です!

こんな方におすすめ!
  • 仮想通貨(暗号資産)の自動売買ツール作成に興味がある!
  • 自動売買の仕組みってどんなものがあるのか知りたい!
  • 実際に自動売買ツールを作る方法を知りたい!
  • 自動売買を検討する上で「おすすめの仮想通貨取引所」を知りたい!
目次

仮想通貨の自動売買とは|自動化に必要な3つの仕組み

仮想通貨(暗号資産)の自動化とは通貨の一連の取引を自動で行うことを指し、「全自動化」と「一部自動化」があります。

全自動化とは、上図に示すような①仮想通貨の値動き(チャート)分析、②仮想通貨の売買、③取引結果・残高(資産)管理という一連の作業全てを自動化することです。

一部自動化とは①〜③いづれかを自動化することを指します。

ここで「仮想通貨の自動売買ツール」とは主に②を指すのが正確ですが、ほとんどのWebサイトでは全自動化・一部自動化が曖昧な意味で取り上げられていることも多いため、定義の確認が必要でしょう。

本記事の位置付けとしては「仮想通貨の全自動化ツール作成」を目指すために、①〜③の仕組みを構築する上でどのような機能を作るべきか1つずつ解説していきます。

チャートを分析する

チャート分析とは仮想通貨の過去の値動きを分析し、未来を価格変動を予測することを目的に行われます。

そしてチャート分析を行う上で必要な機能とは、「買いのタイミング・売りのタイミングを判断できる機能」を指します。

この判断機能をどのように仕組み化するかによって、最終的に目指す目指す収益化のパフォーマンスが大きく変わってきます。自動売買ツール作成箇所をヒトで例えると、チャート分析の仕組みは、言わば頭脳に該当するイメージです。

自動売買に取り入れられるチャート分析手法として下記のようなものがあります。

代表的なテクニカル分析手法

  • ローソク足情報を用いた分析
  • 移動平均線を用いた分析
  • グランビルの法則
  • チャートパターン(ボックス理論・ダブルボトム・エリオット波動など)
  • ボリンジャーバンド

その他分析手法

  • AI・機械学習を用いた分析
  • 裁定取引(アービトラージ)を取り入れた分析

後述では、これら分析手法の中で代表的なものをピックアップし、「売買タイミング機能の実装方法」も交えて解説していきます。

仮想通貨を売買する

前述のチャート分析手法を用いて「買いのタイミング・売りのタイミング」を判断できれば、その情報をもとに仮想通貨を購入・売却します。ここで言う必要な機能とは単純に仮想通貨を売買できる機能を指します。

取引・残高情報を確認する

仮想通貨の売買条件を細かく設定するような高精度な自動売買ツールを作成したい場合、仮想通貨の過去取引情報や残高情報を確認できる機能が必要になります。

【テクニカル分析編】仮想通貨の自動売買におけるチャート分析手法

ここからは仮想通貨自動売買ツール作成においてブレインとなる代表的なチャート分析手法について解説していきます。

1つずつ確認していきましょう!

そもそもチャートとは?

前提として、仮想通貨の価格は需要(買いたい人)と供給(売りたい人)のバランスによって決まります。

そしてチャートとは価格(需要と供給)の変動を示すグラフのことを指します。

実際に上図に示すようなチャートを見ると、縦軸は仮想通貨の価格、横軸は日付として描かれます。そして価格は下記のように変動することを押さえましょう!

価格が上がる買いたい人の注文総数 > 売りたい人の注文総数
価格が下がる買いたい人の注文総数 < 売りたい人の注文総数

ローソク足の分析

ローソク足とは一定期間の値動きを示したものであり、ローソク足1本が表す期間は1分、10分、1日、1週間など自由に選択できます。

上図を見てみましょう。ローソク足には陰線陽線があり、陰線は対象期間中に価格が下落した場合に表示され、陽線は価格が上昇した時に表示されます。

始値はローソク足の始めの価格、終値はローソク足の終わりの価格であり、始値と終値の差がローソク足の胴体と呼ばれます。胴体が大きいローソク足は対象期間中に大きな価格変動が起こったことを意味します。反対に、胴体が小さいと価格変化が停滞していたことを意味します。

高値は対象期間中での最も高い価格、安値は最も安い価格です。また、胴体から高値および安値までの差をヒゲと呼びます。

これらローソク足の情報を用いると、仮想通貨の価格変化が予測できるようになります。自動売買ツールではこの予測方法をプログラミングし、機能として取り入れるのです。以下ローソク足に基づく代表的な予測方法を見て行きましょう!

注目される代表的なローソク足

スクロールできます
ローソク足の特徴価格推移傾向
上部のヒゲが長い売り手が多くなっていることを意味し、今後は価格が下落する可能性が高い
下部のヒゲが長い買い手が多くなっていることを意味し、今後は価格が上昇する可能性が高い
ドジ買い手と売り手が同じ価格で競い合っている状態。
過去の値動きと反対方向に今後動く可能性が高い。
ヒゲのない(陽線)買い手が多いことを示しているため、今後価格の上昇が期待できる
ヒゲのない(陰線)売り手が多いことを示しているため、今後価格の下落する可能性あり

移動平均線を用いたトレンド分析

移動平均線とは、ローソク足の終値の平均値を繋ぎ合わせた折れ線グラフを指し、トレンド分析の代表的指標として用いられます。

ここで仮想通貨における価格変化のトレンドとは大きく分けて3つあります。

上昇トレンド仮想通貨の価格が上昇している相場
下降トレンド仮想通貨の価格が下落している相場
ボックストレンド上昇・下降トレンドどちらにも当てはまらない相場

移動平均線を用いる一番の醍醐味は、現在の価格相場が「上昇トレンド」なのか「下降トレンド」なのか明らかにできることです。現在のトレンドが明らかになれば、今後どのようなトレンド傾向を示すのか予測できるようになります。

短期的なトレンドは短期移動平均線、長期的なトレンドは長期移動平均線を描くことによって明らかにします。具体的にこれらは下記の手順でグラフとして描かれることが多いです。

スクロールできます
短期移動平均3〜5本分のローソク足の終値の平均価格を結んで描く
長期移動平均20〜25本分のローソク足の終値の平均価格を結んで描く

さて、実際に移動平均線を用いてどのように将来の価格を予測できるのでしょうか?

代表的な予測指標として有名なのが「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」です。

ゴールデンクロス

  • ゴールデンクロスとは、短期移動平均線が下から上にかけて長期移動平均線と重なった箇所を指す
  • ゴールデンクロス後、価格が上がっていく可能性が高い

デッドクロス

  • デッドクロスとは、短期移動平均線が上から下にかけて長期移動平均線と重なった箇所を指す
  • デッドクロス後、後価が下がっていく可能性が高い

ゴールデンクロスとデッドクロスを活用した自動取引プログラムの作成方法を解説した記事も配信しています。是非ご覧ください。

【アービトラージ編】仮想通貨の自動取引を実現する分析手法

アービトラージ(裁定取引)とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格変化を利用して利益を得る取引方法を指します。割安な市場で商品を買った後すぐに割高な市場で商品を売ると、その価格差が利益になる取引です。

仮想通貨の場合は面白いことに、取引所間で常に価格差が生じています。この価格差が出る仕組みをうまく利用して自動売買ツールを作ることができます。

アービトラージ手法を自動売買ツールに取り入れる際に考慮すべき機能

アービトラージによる自動売買を実現する上で必要な機能として下記があります。

  • 取引所の仮想通貨の価格を取得する機能
  • 取引所間の価格差を計算する機能
  • 仮想通貨を購入・売却する機能
  • 仮想通貨を送金する機能

これら機能を組み合わせることにより以下のプロセスが全て自動化できるようになります。

  1. 取引所Aのビットコイン価格が300万、取引所Bが301万と確認
  2. 取引所Aでビットコインを300万で購入
  3. 取引所Bでビットコインを301万円で売却
  4. 取引所A→取引所Bに1ビットコイン送金
  5. 取引所B→取引所Aに現金300万送金
  6. 価格差により1万円の利益を取得
  7. 1〜6を繰り返す

【参考】アービトラージ実装イメージ

上記に示すようなアービトラージ取引可視化グラフと価格差算出機能の実装方法については下記の記事で解説しています。

【AI・機械学習活用編】仮想通貨の自動売買における分析手法

この方法についてはやや上級者向けになりますが、仮想通貨の価格は、国際的な経済状況・金融ニュースによって大きく変動することがあります。これらニュース情報に対してAI技術の1つである自然言語処理を適用して、AI(人工知能)モデルを作成します。それをもとに仮想通貨の将来価格を予想することもできるでしょう。

自動売買ツール作成に向けて準備すること

仮想通貨の自動売買ツールを作成するにあたり考慮すべきコンセプトは、上図に示すように、何で(開発言語)、どんな(機能)を、どこ(取引所)経由で実装したいかです。

それらを検討するために準備すべきことが3つがあります。

  • 取引所の口座を開設する
  • 取引所からAPI情報を取得する
  • 自動売買ツールの開発環境を整える

以下、1つずつ見ていきましょう!

仮想通貨取引所の口座を開設する

仮想通貨の自動売買ツール作成に際して、仮想通貨取引所のAPIを用いるのが一般的です。このAPIを取得するには仮想通貨取引所の口座開設が必須です。そのため、やるべきこと第一は自動売買ツールに取り入れたい取引所の口座開設です。

銀行等の口座開設を思い浮かべると手続きが面倒なイメージですが、仮想通貨取引所の場合、個人証明書さえあれば、インターネット上から約5〜10分くらいで口座開設手続きを完了できます。

自動売買ツールを作る上での取引所の選び方・おすすめ取引所は後述しています。是非最後までご覧ください。

仮想通貨取引所からAPI情報を取得する

仮想通貨取引所の口座が開設できた次はAPI情報を取得します。

取引所の口座開設時と同時に取引所マイページを作る過程があります。一般的にそのマイページを経由してAPI情報が習得できるでしょう。

【参考】APIとは

API(Application Programming Interface)とは、取引所が提供している取引サービス(機能)を、自作する自動売買ツールの中で自由に使えるようにする道具のようなものです。

取引所が提供する機能と自動売買ツールを繋ぐ架け橋の役割をAPIが担います。

開発環境を整える

最後に自動売買ツールを自作する上で必要となるプログラム開発環境の構築です。一般的にサーバーサイド言語と呼ばれる主要なプログラミング言語(Python、Node.js、PHP、Ruby等)を用いて自動売買ツールが作成可能です。

例えば、Pythonの場合、Pythonホームページを開くと、開発環境がダウンロードできます。ダウンロード後、お手元のPCでPythonプログラムを動かせるようになります。

本記事では特にPythonを推奨しており、Pythonを用いた自動売買ツールの解説記事も多数配信しておりますため、後ほど合わせてご覧ください。

自動売買ツールを自作する上で選ぶべき仮想通貨取引所の条件

続いて自動売買ツールを作成する上での取引所の選び方を紹介します。

加えて筆者おすすめの仮想通貨取引所も後述しています。

APIの提供可否

まず第一に確認すべきは「取引所がAPIを提供しているかどうか」です。

取引所がAPIを提供しなければ、そもそも自動売買ツール作成が難しいため、必ず確認しましょう!

安価な手数料

その次に確認したいのが「手数料」です。仮想通貨での取引利益を最大化したい場合、手数料をどれほど抑えられるかがポイントになります。以下仮想通貨の取引で登場する手数料を示します。

優先順位として、取引手数料(現物)を第一に確認しましょう!この手数料をいかに抑えられるかが、取引利益最大化に向けたポイントです。加えて、信用取引を検討される方は、取引手数料(レバレッジ)を見ることも推奨します。さらに、頻繁に仮想通貨の送金を行なわれる方は、送金手数料も確認しましょう。

仮想通貨取引所の取引最小単位

仮想通貨最小取引単位が大きすぎる取引所の場合、自動売買ツール開発初期段階で大きな取引を強いられることになり、これはツール作成に失敗した時の損失リスクも大きくなることを意味します。

まずはお試しで自動売買ツール作成した際に、動作チェックすることを考慮すると、なるべく小さな単位で仮想通貨売買が可能な取引所をおすすめします。

レバレッジ取引可否

自動売買ツール作成において上級者になってくると取引の幅を広げるために信用取引(レバレッジ取引)を活用するのも良いかもしれません。

レバレッジ取引ができる国内取引所は限られています。自動売買ツールの作成が順調に進み、信用取引を取り入れたいとなった場合、元々使っていた取引所APIに信用取引の機能がなければ、取引所を変更せざるを得なくなります。その結果、プログラム修正にかかる負担が大きくなってしまうかもしれません。

少しでも信用取引機能を取り入れたいと考えている場合、レバレッジ取引を許容している取引所を選ぶのが良いです。

【厳選】仮想通貨の自動売買に適したおすすめ取引所

前述の仮想通貨取引所の選択ポイントを踏まえ、筆者がおすすめする自動売買ツール作成に最適な取引所を以下に示します。事前条件としてAPIを提供している優良取引所に厳選しています。

スクロールできます
取引所名最低取引量現物取引手数料*1入金手数料[円]入金手数料[BTC]出金手数料[円]送金手数料[BTC]信用取引API提供ccxt自動売買おすすめ
0.0001BTCMaker:-0.01%
Taker:0.05%
無料無料0円/
400円(大口出金)
無料×★★★★★
0.0001BTCMaker:-0.02%
Taker:0.12%
無料無料550円/
770円(3万円以上)
0.0006 BTC×★★★★☆
bitFlyer*20.001 BTC0.01〜0.15%0〜330 円無料220〜770 円0.0004 BTC★★★★☆
0.0001 BTC無料無料無料330 円無料××★★★★☆
0.0001 BTC無料無料無料330 円0.0005 BTC★★★★★
0.005 BTC無料無料無料407円0.0005 BTC×★★★★★
表:暗号資産取引所の比較表(最低取引量の単位はBTCで記載)
補足
  1. 現物取引手数料の対象通貨はBTC/JPY。手数料は約定数量 × 上記記載の割合[%]として算出可能。
  2. bitFlyerの取引手数料はLightningBTC現物の手数料を表示
  3. 期間限定で4/22〜6/30に口座開設&72時間以内入金を行うと、対象者全員に2,500円相当のビットコインプレゼントとのこと!

暗号資産(仮想通貨)取引は、元本を保証するものでなく、価格変動により損失が生じるリスクがあります。お取引される際には、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。

コインチェック(Coincheck)

コインチェック公式ページ引用

国内最大手の1つ、仮想通貨取引所と言えばまず名前が挙がる取引所ですね。

コインチェックでの仮想通貨取引の特徴は「取引手数料が無料」という点です。さらに、コインチェックの取引画面は非常に使い勝手が良いことから、2022年2月時点で3年連続仮想通貨アプリダウンロード数No1に輝いています。

以上よりコインチェックは、仮想通貨の自動売買を始めたい初学者の方に特におすすめな取引所と言えます。

コインチェックAPIを用いて「仮想通貨の自動売買ツール作成に挑戦してみたい!」という方向けに、API機能を活用した解説記事も配信しています。合わせてご覧ください。

GMOコイン

GMOコイン公式ページ引用

GMOコインは、GMOインターネットグループによって運営されている暗号資産(仮想通貨)取引所です。

取引手数料および送金手数料が安いことに加え、レバレッジ取引にも対応したAPIの機能が活用できるため、仮想通貨初心者〜上級者まで幅広くおすすめできる取引所と言えます。

GMOコインのAPIで仮想通貨の自動売買ツールを作成したい!方向けに下記記事も配信しています。

フォビジャパン(Huobi Japan)

Huobi Japan公式ページ引用

Huobi Japanはグローバルレベルで高い評判を誇る暗号資産(仮想通貨)取引所です。世界170ヵ国以上、数千万人のユーザーにサービスを提供しています。

Huobi Japanは取引手数料が無料であり、最低取引数量も低いことから、自動売買初心者にとって非常に優しい取引所と言えます。さらに、信用取引にも対応しているため、仮想通貨取引上級者の方にもおすすめです。

Huobi Japan APIを活用して仮想通貨の自動売買に挑戦したい方向けに下記の記事も配信しています。

ビットバンク(bitbank)

bitbank公式ページ引用

bitbankは、国内取引所の中でもセキュリティレベルや安全性の評判が一段と高い安全安心な取引所です。仮想通貨取引量は国内No1という記録も保持しています。

bitbankでの仮想通貨取引では、「最低取引単位を小さく設定できること」「取引時の手数料が低い」という特徴があるため、自動売買ツール作成に非常に適していると言えます。

bitbankのAPIを活用して自動売買ツールを作成したい方向けに、下記の解説記事も配信しています。

BITPOINT

BITPOINT公式ページ引用

BITPOINT(ビットポイント)は、株式会社ビットポイントジャパンが運営する国内資本の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

Webやアプリ上での取引操作の使い勝手が良く、セキュリティもしっかりしているため、国内取引所の中でも非常に評判高い取引所の1つとして位置づけられています。

BITPOINTが提供するAPI機能は他取引所と比較して、取引系機能が少ないですが、価格や相場分析に特化したAPI機能は多数取り揃えられているのが特徴的です。そのため、スイングトレード・長期トレードに特化したテクニカル分析に対応した自動売買ツールを作成検討される方におすすめな取引所と言えます。

BITPOINTのAPIの活用方法は下記の記事で解説しています。合わせてご覧ください。

【仮想通貨・ビットコイン】自動取引実践法・その他優良情報

最後までご覧いただきありがとうございました。当サイトでは仮想通貨・ビットコインにおける多様な自動取引手法の解説記事を多数取り扱っております。

取引所別:APIの取得手順と使い方の解説記事

スクロールできます
対応言語記事名
Python【GMOコイン】 APIで仮想通貨取引の自動化
Python【Huobi Japan】 APIで仮想通貨取引の自動化
Python【bitbank】 APIで仮想通貨取引の自動化
Python【Coincheck】APIで仮想通貨取引の自動化
Python【BITPOINT】APIで仮想通貨取引の自動化

テクニカル分析を採用した仮想通貨取引の解説記事

スクロールできます
対応言語記事名指標
共通自動売買の種類・自作時のポイント全て
Pythonリアルタイムチャート分析基礎トレンド
Python移動平均線トレンド
Pythonゴールデンクロス・デッドクロストレンド
Pythonアービトラージ(裁定取引)時間・値幅
Pythonボリンジャーバンドオシレータ
PythonMACDオシレータ
PythonRSIオシレータ
【トレンド】:値動きが上昇・下降どちらのトレンドなのか判断に有効
【オシレータ】:現在の相場に対する買われすぎ・売られすぎの判断に有効

その他仮想通貨自動トレード解説記事

スクロールできます
対応言語記事名
Python【データ収集】仮想通貨の過去データを大量取得する方法
Python【初心者向け】ccxtを活用した仮想通貨の自動取引
Node.js【初心者向け】ccxtを活用した仮想通貨の自動取引

最後に

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

本記事をシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる