【Twitter】APIキー利用申請から発行までの手順解説|ツイッター運用自動化アプリ作成に向けた環境構築

こんにちは、DXCEL WAVEの運営者(@dxcelwave)です!

サマリー

Twitter運用自動化アプリ(Bot)を作って業務効率化したいけど、最初に何をすればいいの?」「Twitter APIってどうやって申請して使えるようになるの?」本記事ではこのような疑問にお答えします。また、後半ではTwitter APIを活用した運用自動化アプリの開発方法についても触れます。

目次

TwitterAPIとは?・実現できること

Twitter APIとはTwitter社が提供しているサービスインターフェースです。Twitter APIを使うことによって上図のような操作が人手を介さずに自動で実行できるようになります。

これまで手動でSNS運用をされていたマーケティング担当者やデータ分析者にとって、SNS自動運用できるようになることは、業務効率化を検討する上でも魅力的なサービスと言えます。

【環境構築編】Twitter APIキー発行・利用申請手順

【前提条件】利用可能なTwitterアカウント

まず大前提として、Twitter APIを利用するにはご自身のTwitterアカウントと連動する必要があります。その際のTwitterアカウントの前提条件として下記を満たす必要がありますため、事前に確認しておきましょう。

  • パブリックアカウントのステータスであること(プライベートはNG)
  • メールアドレスがアカウントに登録されていること
  • 電話番号がアカウントに登録されていること

Twitter APIサービス利用に至るまでの手順

Twitter API利用に至るまでの手順を下記に示します。以下順を追って見ていきましょう!

  1. Twitter DeveloperサイトでTwitterAPI用のAppを作成し、APIキーを取得
  2. ユーザー認証(User Authentication Settings)を編集
  3. アクセストークンキーとシークレットキーを取得

【手順1】Twitter DeveloperサイトでTwitterAPI用のApp作成・APIキー取得

【Twitter Developer引用】Apps画面

Twitter Developer Platformページを開き、お手持ちのTwitterアカウントでログインします。

次に、サイト右上のCreate an Appを押下します。

【Twitter Developer引用】必要事項入力画面

Create An Appを開くと上図のようなAPI利用のための必要情報入力画面に遷移します。

入力事項をそれぞれ明記しLet's do thisを押下します。

その後は利用規約一覧画面に遷移します。規約合意ボックスをチェックしSubmitを押下しましょう。

【Twitter Developer引用】App Name入力画面

上図のようなお好きなアプリ名App Nameを入力する画面に遷移します。

任意で名前を入力しGet Keyボタンを押下すると、以下3つの情報が取得できます。

  • Bearer Token
  • APIキー
  • APIシークレットキー

これらの情報はプログラム開発時に必要となるためメモしておきましょう。

【手順2】ユーザー認証(User Authentication Settings)を編集

【Twitter Developer引用】Developer Portal

上図のようなTwitter Developer Portal画面を開き、下記の手順でOAuth編集画面に遷移します。

  1. 左部Project & Appsを開き、先ほど命名した「アプリ名」を選択
  2. 中央下部「User Authentication settings」のSetup(またはEdit)をクリック

OAuth編集画面を開くと、ユーザー認証(User Authentication Settings)に必要な入力項目が表示されます。下記手順に従い、入力項目を埋めていきましょう。

ユーザー認証入力画面の入力例

  1. OAuth2.0を使用する場合はON、使用しない場合はOFF
  2. OAuth1.0aを使用する場合はON、使用しない場合はOFF
  3. OAuth2.0がONの場合Type of Appを選択。任意はAutomated App or Bot指定で問題なし
  4. Request email from users (optional)はON/OFFどちらでも問題なし
  5. App permissionsはRead and Writeを選択するのがおすすめ
  6. Callback URI/Redirect URLは「ご自身でお持ちのサイトURL」か、無ければ「https://twitter.com/」と入力すれば問題なし
  7. Website URLも上記同様のURLを入力すると問題なし
  8. その他の入力項目は任意のため入力不要。

【参考】OAuth1.0とOAuth2.0について

OAuth2.0は2012年10月に登場したデジタル署名のフレームワークであり、OAuth1.0と比較して高いセキュリティレベルで暗号化の実装・運用を実現できるのが特徴です。OAuth1.0も同様なセキュリティレベルが担保されますが、特に理由がなければOAuth2.0を使用するのが良いでしょう。デジタル署名技術登場の歴史は本記事での紹介を割愛しますが、近年Google社はOAuth1.0の利用を許可しなくなったという背景もありましたね。ただし、Twitter社は引き続きOAuth1.0のフルサポートを言及しているため、OAuth1.0を選択しても問題はないと言えます。

【手順3】アクセストークンキーとシークレットキーを取得

【Twitter Developer引用】Developer Portal

Twitter Developer Portal画面に戻り、下記手順で「アクセストークン」「アクセストークンシークレット」を取得します。

  1. 左部Project & Appsを開き、先ほど命名したアプリ名を選択
  2. 中央上部Keys & tokensを選択
  3. APIキーとシークレットキーを確認したい場合は、API Key and SecretのRegenerateを押下。
  4. アクセストークンとシークレットを取得するにはAccess Token&SecretのGenerateを押下。
  5. 同様に、Bearer Tokenを確認したい場合は、Bearer TokenのRegenerateを押下。

これでTwitter APIを活用する準備が整いました!Access TokenとAccess Token Secretについても今後のプログラム構築フェーズで活用するため、メモに残しておきましょう。

【実践】Twitter APIを用いた自動運用ツール作成

本記事ではPythonを用いたTwitter APIの利用方法とTwitter運用自動化に向けた開発ノウハウを配信しております。是非合わせてご覧ください。

最後に

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

本記事をシェア!
目次