【Python】パスの検査・ファイル・ディレクトリ存在有無確認|os.pathモジュールによるフォルダ管理

こんにちは、Kosei(@kay_diacc2)です!

Pythonを用いてパスを検査したり、指定したパスのファイル・フォルダ情報を取得する方法が知りたい」本記事ではこの要望にお応えします。記事前半はパスの概要を示し、後半ではpythonを用いたプログラミング手法を紹介しています。

目次

パスとは

パス「Path」とは目的のフォルダ・ファイルがどこに保存されているのかを示す道筋です。つまり、パスはコンピューターが特定のフォルダ・ファイルを見つけるための住所の枠割を担います。パスには「絶対パス」と「相対パス」の2つがあります。

「絶対パスおよび相対パスの概要・Pythonを用いたパスの取得方法」は下記の記事で紹介しています。

【Python】パスの検査・情報取得

Pythonを用いてパスを検査し、ファイル情報を取得する方法について解説します。

os.path.isabs()|絶対パスか相対パスか見分ける

os.path.isabs()は、引数で指定したpathが絶対パスならTrueを返し、相対パスならFalseを返すメソッドです。

import os
os.path.isabs(path)

os.path.exists()|ファイル・フォルダが存在するか確認

os.path.exists()は、引数で指定したpathが存在すればTrueを返し、存在しなければFalseを返すメソッドです。

import os
os.path.exists(path)

例えば、Desktopにtest.txtファイルがある場合、下記のように記載するとTrueを返します。

import os
path = '/Users/Desktop/test.txt'
os.path.exists(path)

# 出力結果
# True

os.listdir()|フォルダの中身を確認

os.listdir()は、引数(path)でフォルダを指定すると、その中に含まれるファイル・フォルダ名をリストで返してくれるメソッドです。

import os
os.listdir(path)

例えば、pathで’.’と指定するとカレントディレクトリに格納されているファイル・フォルダ名が取得できます。

import os
os.listdir('.')

最後に

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

本記事をシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる