【Python×Excel操作】エクセルファイル(ワークブック・シート)の作成方法|作業自動化

こんにちは、Kosei(@kay_diacc2)です!

PythonでExcelファイル・シートをどのように作成するの?」本記事ではこの疑問に答えます。Excel操作の自動化を検討するにあたり、初期段階で必要なExcel Workbook/Sheet作成のプログラミング方法を習得しましょう!

目次

PythonでExcelファイルを作成する全体イメージ

コーディングの流れ

上図にExcelファイル作成におけるプログラミング手順を示します。①エクセルファイル名、シート名を渡すと②Python関数が実行され、③Excelファイル出力されるようにプログラムを構築します。

OpenPyXL

PythonによるExcel操作には、OpenPyXLというモジュールを用います。インストール未済の場合は、以下コマンドを入力し、事前にインストールしておきましょう。

pip install openpyxl

Python Excel Workbook Sheet作成スクリプト

Pythonスクリプトの全量を下記に記載します。第一引数(ファイル名)、第二引数(拡張子)、第三引数(シート名)を渡したCreateExcel()関数を紹介します。

FileNameとWorksheetNameを適時変更いただくと、そのままコピー&ペーストで利用できるようになっています。

import openpyxl

""" Excelファイル情報定義! """
#ファイル名
FileName = "Excelファイル名をここに入力!" 
#拡張子
Extension = ".xlsx" 
#ワークシート名(作成したい数だけリストにシート名を追加)
WorksheetName = ["シート名1を入力","シート名2を入力"]


""" 関数を定義! """
def CreateExcel(FileName,Extension,WorksheetName):
    
    #Excelファイル名
    ExcelFileName = FileName + Extension
    
    #ワークブック作成
    workbook = openpyxl.Workbook(ExcelFileName)

    #ワークシート作成
    for i in range(len(WorksheetName)):
        worksheet = workbook.create_sheet(index=i,title=WorksheetName[i]).sheet_properties.tabColor = 'DC143C'

    #ワークブック保存
    workbook.save(ExcelFileName)
    print("ファイル完成!")


""" 関数実行! """
CreateExcel(FileName,Extension,WorksheetName)

Pythonコードポイント解説

上記で示したコードについて、特に関数部分を中心に解説していきます。

#ワークブック作成
workbook = openpyxl.Workbook("Excelファイル名.xlsx")

まず、Excelファイル自体の作成は上記のようにコーディングします。

#ワークシート作成
worksheet = workbook.create_sheet(index=0,title="シート名").sheet_properties.tabColor = 'シートカラー'

ワークシートは、indexでシート番号、titleでシート名を指定し、create_sheet()メソッドを先ほど作成したworkbookに渡すことで作成しています。また、今回はsheet.propertiesメソッドでシートカラーを指定してみました。

#ワークブック保存
workbook.save("エクセルファイル名.xlsx")

最後に作成したworkbookを保存することを忘れないようにしましょう。保存は上記のように記載します。

Excel×Pythonの自動化手法まとめ

本記事をご覧いただきありがとうございました!本記事ではExcel操作の自動化に役立つノウハウを多数配信しています。これからExcel作業の自動化に取り組みたい方向けには下記の記事が参考になるかと思います。是非ご覧ください!

PythonによるExcel自動操作を学習する上でのおすすめ教材もご紹介しています。

最後に

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

本記事をシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる