【JavaScript】HTML・CSS要素(ノード・タグ・属性・セレクタ)とは|DOMにおける基本操作入門

こんにちは、Kosei(@kay_diacc2)です!

本記事は、JavaScriptを筆頭に、その他PythonやRuby等をプログラミングして、HTML/CSSを直接操作したいと考えている方向けの記事です。記事前半はHTML・CSS操作で理解すべき用語(オブジェクト・DOM・HTML要素等)を解説し、記事後半はJavaScriptを用いたHTML・CSSの操作手順を解説します。

目次

HTML&CSS操作で登場する用語整理

JavaScriptを筆頭に、Python・Rubyで用いるSeleniumモジュール等も通じて、HTMLやCSSを操作することがあります。その際HTML/CSS操作で登場する用語を整理できていないと、なかなか理解力促進に繋がらないのも事実でしょう。本記事はその課題克服を狙った記事です。本記事を通じてHTML/CSS操作で頻繁に登場する用語をきちんと理解し、操作入門における最初の壁を突破しましょう!

特に下記の用語を中心に解説します。以下1つずつ見ていきましょう!

  • オブジェクト
  • DOM
  • HTMLタグと要素
  • ノードと要素
  • HTMLの属性
  • CSSセレクタ

Windowオブジェクト

ブラウザとオブジェクトの関係

ブラウザに関するデータは「windowオブジェクト」にまとめられています。このwindowsオブジェクトは、「documentオブジェクト」と「consoleオブジェクト」というプロパティを保有しています。

ここでHTMLやCSS情報の操作で注目すべきが「documentオブジェクト」です。ここにはWebページの情報がまとめられています。

DocumentオブジェクトとDOM(Document Object Model)

DOMの構造

documentオブジェクトには、上記のようにHTML文書情報に関するプロパティが詰まっています。documentオブジェクトを通じてHTMLの情報を取得するための仕組みをDOM(Document Object Model)と言います。

JavaScriptでは、HTMLの情報操作をDOMの操作と呼ぶこともあります。

HTMLのタグと要素

html要素
htmlタグ <html>や<h1>のように<>で囲まれたもの
html要素 開始タグと終了タグで囲まれた1つのカタマリ

htmlタグと要素は上記のように定義します。例として上図を見てみましょう。上図は各要素がとりうる範囲を示しており、html要素のように全体要素を踏襲したものを親要素と呼び、bodyやhead要素のように親要素の直下にあるものを子要素、子要素の中にあるtitleやh1要素を孫要素と呼びます。

ノード(Node)と要素(Element)

DOMにおいて、Webページを構成する最も基本的なオブジェクトをノードと言います。別の文献を参照された場合、要素をノードとして取り扱っている文献もあるでしょう。これは要素がノードの一種であるため、ノードと記述されているわけです。結局のところ、どちらの説明も正しいと認識してて問題なしです。本記事では「要素」という言葉で説明を進めます。

HTMLの属性

html属性とは、html要素に固有の性質を与えるものであり、html要素内に対して下記のように記述されます。

<要素名 属性="属性値">

属性には2種類あり、「要素固有の属性」および「グローバル属性」があります。以下代表的な属性例を示します。

属性 種類 概要
id グローバル 要素に固有の名前を指定する属性。ページ内リンクやCSSデザイン目的で主に利用。
class グローバル 要素をグループ毎に分類する際に指定する属性。CSSデザイン目的で主に利用。
title グローバル 要素に補足情報を付与する際に指定する属性。リンク先の情報付与を目的として主に利用。
lang グローバル 要素内の言語を設定する際に指定する属性。
style グローバル CSSを経由せず、要素にデザインを直接付与する際に指定する属性。
href 要素固有 リンクされたリソースのurlを挿入する際に指定する属性
src 要素固有 埋め込みコンテンツのurlを挿入する際に指定する属性

CSSセレクタ

CSS基本文法

CSSセレクタ(セレクタ)は、htmlの各要素を選択してスタイルを適用するするための構文です。CSSの基本文法は上記3つから成ります。このセレクタによってCSSデザインをどの箇所に適用するか指定します。以下、セレクタの代表的な書き方をいくつかご紹介します。

セレクタの書き方

JavaScriptでHTML/CSSを操作する手順

HTML/CSS操作手順

JavaScriptからHTMLやCSSを操作するには、上記の手順でスクリプトを記述していきます。この手順はJavaScriptに限らず、jQueryやRuby, pythonを用いた場合も同様です。いづれもポイントは「要素の取得」と「HTML/CSS操作情報の付与」の2点になります。

上記手順の詳細解説はボリュームが大きいため、Javascriptを用いた操作は下記の記事で紹介しています。

JavaScriptでHTML/CSS要素を取得する方法

JavaScriptでHTML/CSSを操作する方法

最後に

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

本記事をシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる