【Meta API】Facebookアクセストークンの取得方法|ユーザー・アプリ・ページアクセストークンガイド

こんにちは、DXCEL WAVEの運営者(@dxcelwave)です!

こんな方におすすめ
  • Meta(Facebook)アクセストークンについて詳しく知りたい
  • ユーザー・アプリ・ページアクセストークンの取得手順が知りたい。
目次

【Meta】Facebook アクセストークンとは

Facebookアクセストークンとは、Facebookのユーザー、認証アプリ、ページの情報を取得・更新するために発行されるトークンです。

Meta API利用開始を目的として発行されるトークンであり、Meta APIでは「Facebook認証」「Facebook情報取得」「Instagram,やMessengerなどのSNS操作」などの機能を活用することができます。

Metaで活用できるアクセストークンには次のようなものがあります。

  • ユーザーアクセストークン
  • アプリアクセストークン
  • ページアクセストークン

ユーザーアクセストークン(User Access Token)

Meta APIでは、特定の利用者のFacebookデータを取得・更新することが可能です。これらの実施には、Meta APIに利用者のアクセス許可を設定する必要があり、その手段としてユーザーアクセストークンが用いられます。

アプリトークン(App Access Token)

アプリトークンは、アプリ情報の読み取りや設定変更時に必要なトークンです。

ページアクセストークン(Page Access Token)

ページアクセストークンは、Facebookで作成したページ情報の取得・更新をMeta APIで実施したい場合に必要となるトークンです。

【Meta API】Facebook アクセストークンの取得手順

それではMeta API利用に際して、Facebookアクセストークンの取得手順を解説していきます。

  1. Meta for Developersにアクセスし開発者登録
  2. アプリダッシュボード画面でアプリ作成
  3. グラフAPIエクスプローラー画面でアクセストークンを発行
  4. アクセストークンの有効期限を設定

それでは手順を1つずつ詳しく見ていきましょう。

Meta for Developersにアクセスし開発者登録

Meta for Developersサイトにアクセスし、右上の「スタート」ボタンを押下します。

上記のようなMeta開発者登録ページに遷移します。必要情報を入力し「登録完了」を押下しましょう。

アプリダッシュボード画面でアプリ作成

開発者登録完了後、再びMeta for Developersのページに戻ると、右上「マイアプリ」というタブが表示されています。それをクリックし、アプリのダッシュボード画面に遷移しましょう。

アクセストークンを取得するには、Meta for Developersサイトでアプリを作成しておく必要があります。

「アプリを作成」をクリックしましょう。

作成するアプリの種類を選択します。例えば、これから生成するアクセストークンを用いて、Facebookのログイン認証を外部アプリに適用したい場合は「生活者」、InstagramやWhatsApp等のSNSに応用し、広告配信やその他ビジネスに利用したい場合は「ビジネス」を選択します。

基本情報の入力画面では「アプリ表示名」「メールアドレス」「ビジネスアカウント」を入力します。ビジネスアカウントは、前述の「アプリ種類」で「ビジネス」を選択した場合に必須となります。アプリ種類で「生活者」等を選択しているのであれば、この項目はスキップして問題なしです。

グラフAPIエクスプローラー画面でアクセストークンを発行

「ツール」タブを開き「グラフAPIエクスプローラー」をクリックします。

グラフAPIエクスプローラ画面では、希望のアクセストークンが取得できます。

まず、先ほど作成したアプリを選択しましょう。続いて、取得したいアクセストークンを選択します。

続いて、アクセストークンに「アクセス許可事項」を追加します。

前述で必要情報を入力できたら「Generate Access Token」をクリックし、アクセストークンを発行します。

続いて、アクセストークンをコピーし、上部「ツール」タブを開き、「アクセストークンデバッガー」をクリックします。

アクセストークンデバッガー|アクセストークンの有効期限を設定

アクセストークン発行後、デフォルトの有効期限は1時間に設定されています。今後長期的にアクセストークンを利用したい場合、有効期限の延長が必要です。

アクセストークンデバッガー画面では、アクセストークンの有効期限の延長が可能です。

まず、先ほどコピーしたアクセストークンをテキストボックスに貼り付け、「デバッグ」をクリックします。

続いて、下部の「アクセストークンを延長」をクリックしましょう。

有効期限が延長された長期アクセストークンが新たに発行されます。

この文字列コードをコピーし、アクセストークンとして利用するようにしましょう。

最後に

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

本記事をシェア!
目次